「障害」の表現について

「障害」の表現について

「障がいを”持つ”人」「障がいが”ある”人」の違いについて考えてみた

視覚障がい者のよーすけが突然してきた質問、「障がいは"持つ"のか、"ある"のか」 表現の違いは以前の個人モデルと社会モデルの考え方に関係していそう・・・ 今回は「障害を”持つ”」「障害が”ある”」の表現の違いについて4人で考えてみたいと思います!
「障害」の表現について

障害はどこにある?「個人モデル」と「社会モデル」という障害の捉え方

一般的に、障がい者という言葉を見聞きすると、”○○が不自由な人”ということを連想するのではないでしょうか。 そういった個人に障害がある、という考え方を「個人モデル」といいます。対して、障害は社会にあり、 社会から取り除くべきものであるという考え方を「社会モデル」といいます。実例を元に障害の捉え方について考えます。
「障害」の表現について

障害、障碍、障がい。違いを知っていますか?

普段何気に使う「しょうがい」という言葉。それは障害?障碍?障がい? 特に気にしたことも無い人も多いかもしれませんが、それぞれの表現について、 そして私たちが考える「しょうがい」について、書いてみました。
タイトルとURLをコピーしました