調査

視覚障がいについて

点字の勉強は必要?点字利用歴20年の視覚障がい者が解説!

見える人にとっては、”視覚障がい者は点字が読めるもの”という認識がありますが、実は意外にも低い、点字の識字率。 見えない人や見えにくい人にとって、点字の勉強が必要か否か。 20年以上も点字を使っている視覚障がい者の視点で点字の良さをお伝えします!
仕事

視覚障がい者にもできる仕事の種類

コロナウイルスにより、見える見えないにかかわらず働き方が見直されている今。多様性やダイバーシティも促進されている世の中で、今後更に「働く人」や「働き方」の幅は広がっていきそう。多様性とは何か。目が見えなくてもできる仕事は何か。視覚障がい者...
視覚障がいについて

点字ブロックの”誕生秘話”や”問題点”

視覚障がい者が歩行する際にとても頼りにしている「点字ブロック」。 点字ブロックの誕生秘話から規格、視覚障害者観点での点字ブロックの問題点をまとめてみました。 見える人にとっても見てもらいたい記事になってます。
視覚障がいについて

白杖の”ルール”と”種類”を視覚障がい者が解説!

目が見えない人が持ち歩いている白い杖、「白杖(はくじょう)」 実はとても奥が深い白杖の世界について、ルールや種類などの情報をまとめてみました! また、白杖を持つ当事者の気持ちについても紹介していきます。
日常

視覚障がい者の生活に便利な、お勧めアプリ一覧! ※2020年版

視覚障がい者の方にとって便利なアプリをご紹介!全てのアプリにどんな人に向いているのか、または使っていた時のポイントをお伝えします。
視覚障がいについて

障害はどこにある?「個人モデル」と「社会モデル」という障害の捉え方

一般的に、障がい者という言葉を見聞きすると、”○○が不自由な人”ということを連想するのではないでしょうか。 そういった個人に障害がある、という考え方を「個人モデル」といいます。対して、障害は社会にあり、 社会から取り除くべきものであるという考え方を「社会モデル」といいます。実例を元に障害の捉え方について考えます。
視覚障がいについて

障害、障碍、障がい。違いを知っていますか?

普段何気に使う「しょうがい」という言葉。それは障害?障碍?障がい? 特に気にしたことも無い人も多いかもしれませんが、それぞれの表現について、 そして私たちが考える「しょうがい」について、書いてみました。
タイトルとURLをコピーしました