【2022年1月】新型コロナ陽性 体験記@東京 症状発生から隔離まで

夫婦のあれこれ

猛威を振るう新型コロナですが、2022年1月に陽性になってしまいました。

その際、実際に陽性になった他の方の情報があまりなく、知人のコロナ体験記が非常に参考になったため、私も自身の体験を記録します。

どうぞこの情報が多くの方にとって参考になりませんように。。。

※本内容は作成日時点における東京都での情報です。
症状、お住まいの自治体、時期によっても対応は異なりますので、厚生労働省やお住まいの自治体・医師の指示に従った対応をお願いします。

スポンサーリンク

基本情報

・東京都在住の30代男性
・ワクチンは2021年夏に2回接種済み(ファイザー)
・コロナ禍以降渡航歴なし
・基礎疾患なし
・基本的な感染対策は常に実施
・感染時に濃厚接触者扱いではない(感染経路不明)
・同居家族(妻)は陰性

症状発生から陽性判定まで

1日目(体調に違和感を覚えた初日)

朝起きてから、のどに違和感を感じるも、普段通りの生活。

食欲もあり、妻と一緒に鍋を食べ、お酒も飲むが若干いつもよりお酒が美味しく感じない。

夜に念の為熱を測るも36.5度と平熱だったため、寝れば治ると思い、就寝。

2日目(発熱)

前日同様に朝起きた時にのどに違和感を感じるも、熱を測ったところ36.4度と平熱。

普段通り、リモートワークで仕事を開始。

ただ昼過ぎくらいからだるさを感じるようになり、熱を再度測ると37.2度と微熱が。

コロナが流行っていたので念の為に15時には早退連絡。

最低限の仕事をこなす間に体調はどんどん悪化・・・、仕事を済ませ横になる時の熱は37.7度。

起きて夕食前に熱を測ると38.8度あったため、ここから念の為、寝室で隔離がスタート。

症状としては全身のだるさとのどの痛み、鼻水、頭痛。ただ耐えれる辛さだったので薬は飲まず。

時間的に病院はやっていなかったので翌日病院に行くことを決意。

発熱外来を受け付けてくれる先を以下のページから探す。

診療・検査医療機関の一覧 東京都福祉保健局

PDFの中から自身の住所に近い病院をピックアップし、翌日すぐに電話予約がとれるように準備。
(もう少し使いやすくなってくれるといいな)

この時点で翌日の仕事は休む連絡をいれた。

ちなみにこの日から妻がベッドで寝れなくなってしまいソファで寝てもらうことに・・・ごめんmm

そしてご飯もこの日以降全て妻が用意してくれ、部屋の前に置いてくれました。

また充電器セット、プライベートPC、キンドルなどあって嬉しいものもこの段階ですべて部屋の中に運んでくれました。

本当にありがとう!

【症状発生から陽性発覚までのまとめ】
・熱が出たら、ひとまず安静に。一気に熱が上がる可能性あり。
・怪しかったらまずは隔離して、同居人の感染を防ぐ
・仕事は体調優先で休もう
・奥さん、本当にありがとう、そしてごめんね。

陽性発覚

3日目(発熱外来へ)

朝起きてもだるさは変わらないものの、めっちゃ汗をかいたので、熱は36.9度。

頭痛はすでに治っていました。

9時前には医療機関に電話し、繋がった1施設目で12時に予約が完了。

電話予約時の注意事項として、病院にそのまま入らず、前に着いたら電話してください、とのこと。

12時に病院の前で電話をすると看護師さんが出てきて、病院の中ではなく、屋根付き駐車場の一角に設置してあった机と椅子に案内される。

問診票が置いてあり、書いているとお医者さんが来て、鼻に棒を突っ込まれて、コロナ検査。

問診票を書き終わる5分後くらいには陽性が出たと報告。
(PCRではなく抗原検査っぽい)

隔離の話や保健所から連絡があることなど、なかなかの情報量の話を口頭で全て説明。

みんなあれ全部覚えてるかな。。。

熱はすでにほぼなく、自力で直したかったため、薬の処方はお断りし、お金を払って終了。

そしてオミクロン株かどうかは何も言われませんでした。
(その後保健所からも株の話はなかったので結局何株だったのかは不明。症状的には完全にオミクロン)

体調報告用の厚生労働省のサービスのマニュアルだけ紙で渡されるも、家に着く頃にはSMSで厚生労働省から連絡が入っており、マニュアルなしもすぐに完了。

ここでcocoaアプリの設定も選択があり、登録アドレスに陽性登録用のidが届く。

会社にも陽性であったことを報告し、業務調整。

会社からも何点かヒアリングをされ、再び休むころには37.9度に。

上司の「誰がかかってもおかしくない状況だから本当に気にせず、お大事にね」という言葉がありがたかった。

寝る前の体調としては37.5度、喉の痛みと鼻水のみ。食欲はずっとある。

リモートワークならば自身で仕事は判断OKだと言われたので、明日起きてから判断しようと思い就寝。

ちなみに我が家は来客用の寝るグッズを揃えたいと言っていたので、少し高かったですが、いい寝袋をこのタイミングでポチりし、妻の寝る環境を整えにいきました。

買った商品はこちら。


Bears Rock ベアーズロック -34度 寝袋 冬用 真冬 シュラフ マミー型 4シーズン FX-453G シルキーブラウン

【陽性発覚まとめ】
・病院によると思うが、発熱していたら普通に院内には入らない
・陽性の場合は5分ほどで陽性判断(抗原検査だと思われる)
・何株か教えてもらえない
・薬がいらない場合はいらないと言う
・先生の言うことで忘れそうな時はメモ
・会社にはすぐに報告した方が会社と自分のため。
・リモートワークならば仕事の開始は自己判断
・隔離用の生活グッズは初期で揃える。

陽性発覚翌日〜

4日目(最後の療養日)

朝起きて、熱を測ると37.0度。

だるさは残っていたので、念の為仕事を休むことに。

横になって寝ていると、11時に区の保健所から電話が入る。

30分ほどお話ししますとのことで、以下の項目をヒアリングされる。

・氏名の漢字
・住所
・相談窓口の電話番号
・緊急連絡先
・かかりつけ医の有無
・身長、体重
・喫煙の有無
・お酒の頻度
・ワクチン履歴
・渡航歴
・持病、アレルギー
・内服中の薬、発症してから飲んだ薬
・勤務先の名前
・最終出社日
・療養先の希望(ホテルor病院)
・ペットを飼っているか
・同居人の詳細(間柄、生年月日)
・感染経路の心当たり
・熱が出たタイミング
・検査日
・今の体調の詳細
・同居人含めた外出規制の詳細

※病院の問診票で書いた内容も一から全て回答。情報連携はおそらく氏名・電話番号のみくらいなのか?
※ちなみに厚生労働省の体調入力の初期登録とかぶっている項目が多いです。ここも情報連携はないみたい・・・。

妻に迷惑をかけるのも気が引けたのでこの段階では「ホテル療養」を希望しました。

会社から濃厚接触者が業務関係者にいるか、保健所に確認するようにと言われていたため確認すると、保健師に確認して再度連絡するとのこと。
(おそらく臨時で雇われた方っぽい。対応は丁寧でした!)

20分ほどして再度保健所から連絡があり、濃厚接触者の定義上、私の場合はいないことを確認。

さらに「ホテル療養」だと入所できるか判明するのが2日後、さらにその時点で入れるかは不明で、最悪の場合、隔離期間が終わるまで入れないこともあるという汗
(だったら最初から選択肢にいれないでほしかったな)

それならば自宅でいいです、と答えて、保健所とのやりとりはここで終了。

私の場合ホテル希望→自宅でOKに切り替えたからか、配食の希望は聞かれませんでした

妻と相談し、レトルトも多いし、妻が頑張って作るよと言ってくれたのでこちらからの問い合わせをしないことに。

ありがとう・・・!

そんなやりとりが諸々あったので、体調だけでなく、仕事は休んでよかった、と思いました。

その後熱は36.8度、喉の痛みと鼻水のみの症状のため、翌日からの仕事復帰を決める。

午後あたりからは体調もそこまで悪くなかったのでアマプラで好きなアニメを見ていました。

5日目(仕事復帰)

朝起きて、熱は36.8度だったため、リモートで仕事を再開!

特にその後も体調の変化はなく、ここらへんからは喉の痛みもなく、鼻水のみ。

普段よりは早めに切り上げるものの、最後まで体調に異変はありませんでした。

のどの痛みのこの日の夜くらいにはなくなっていました。

6日目(東京都からライン登録依頼)

朝起きて、熱は36.5度。もう鼻水が出るだけのほぼ花粉症状態。

前日に引き続き、普通に仕事をしていると東京都からラインでの体調報告依頼がSMSで来る。

今更かよ笑 と思ったが連日のこの陽性者数で業務が回っていないのだな、と思い初期情報を入力。

驚くことに初期情報も体調の入力項目も厚生労働省で入力した項目と90%以上一緒!笑

国と東京都の情報連携ってほんとにできていないだな、と痛感。

7日目以降

この記事を執筆している段階はまだ8日なので、隔離中ですが、体調の変化もなく、鼻水が少し出るくらい。

早く隔離が終わるといいなーと思ってこの記事を書いています。

隔離により家事の全てを妻にしてもらうことの申し訳なさと終日同じ部屋にいるストレスが結構辛いです・・・

※また本記事の日付カウントは初めて症状が出た日を1日目としているので、隔離期間のカウントとは異なります

【陽性発覚以降〜】
・大事をとって休むことも大事
・保健所のヒアリングは長いけど、がんばって答えましょう
・厚生労働省と東京都の情報連携希望
・発熱から2.5日後、リモートで仕事復帰。
・熱がなくてものどと鼻水の症状は残っていた
・さらに2日ほど経つと症状もほぼなくなるので隔離だけがんばる
・東京度からの体調報告連絡の頃にはすっかり元気

※追記 隔離終了!

無事に隔離期間である10日間を終え、通常生活に戻ることができました!

陽性判断をしてくれた病院から電話で連絡があったのと、以下のメールがフォローアップセンターから届きました。

私の場合は軽症で終わったことと同居人にうつすことなく、療養期間が終了できて本当によかったです。

ただ、療養期間が終わった翌日にも東京都と厚生労働省から体調入力のメールとラインが来ていました笑
→厚生労働省の連絡は1,2日で終了しましたが、東京都からのラインは2週間経っても来続けたため、ブロックしました。

まとめ(時系列で起きたことと感じたこと)

時系列でまとめると以下の通りです。

【時系列に起きたことまとめ】
・1日目:体調に違和感を覚えた初日。のどが少し痛む。
・2日目:発熱。仕事を早退。自主隔離開始。MAX38.8度
・3日目:発熱外来へ。陽性発覚。仕事休む。厚生労働省の体調報告開始。MAX37.9度。
・4日目:保健所から連絡。仕事休む(最後の療養日)。MAX37.0度
・5日目:仕事復帰。喉の痛みと鼻水。
・6日目:東京都の体調報告開始。
・7日目以降:鼻水が出るくらいで体調は元気。隔離期間を乗り切ることをがんばる。
・隔離終了:その後体調が崩れることや同居人の妻が発症することなく、通常生活に戻る

また個人的に思ったこと、やってよかったことなど共有はこちら。

【やってよかったこと】
・陽性判明の前に自主隔離→おかげで妻は陰性のまま終わりそう!
・隔離部屋に自身の関連物を初期に持ち込む→部屋から出る機会を最低限にできる
・大丈夫かな?ではなく大丈夫だ!まで仕事を休む→保健所から連絡があったり、まだ寝てた方が楽だったので休んでよかった
・耐えれるなら薬は飲まない→結局薬なしでほぼ完治。もちろん辛い場合は飲みましょう。
・アマプラ入っててよかった(時間潰しになる)
【陽性になって思ったこと】
・対策をしていてもなる人はなる、なったら諦めて療養する。
・何株かは教えて欲しかった
・同居の家族の負担半端ない。感謝しかない。治ったらその分恩を返そう。
・大事な情報が結構口頭で伝えられるが多い→SMS使えるならそれで送ればいいのに。
・国と東京都の情報の連携が全然とれてない→がんばって!
・症状よりも隔離による精神的なダメージの方が大きい
これだけの数の方が毎日陽性になっているので保健所などの対応が追いついていないことに文句を言うつもりは全くありません。
 
もはや大変な時期に大変なお仕事、本当にご苦労様です。

ただオペレーションだったり情報連携の部分はぜひ改善していった方がお互いのためだな、と思いました。

最後に本当にこの記事が多くの方の参考にならないことを祈っています。

スポンサーリンク

With Blindでは視覚障害者を含むメンバーで「見えても、見えなくても」をコンセプトに日常や視覚障がいに関する記事を書いています。

その中でも「見える人へ」の記事はぜひ多くの方に読んでいただきたい記事になるので、多くの方に届くと嬉しいです!

この記事を書いた人

視覚障がい者を含む20-30代の仲良し友人夫婦がコロナをきっかけに自分たちでしか伝えれない内容や周りへ伝えたいこと、そして好きなことを自由に発信してるブログです!
主に「視覚障害について」、「夫婦のこと」、「好きなこと」について発信していきます。
「みえても、みえなくても」を合言葉に4人で楽しみながら、普段の仕事と並行してブログを運営しています♪

With Blindをフォローする
友だち追加
夫婦のあれこれ
スポンサーリンク
シェアする
With-Blind
タイトルとURLをコピーしました