【募集中:1/17まで】インクルーシブな出会いを創造する!渋谷で6日間のワークショップを開催

話題
スポンサーリンク

東京・渋谷にある活動拠点、シビック・クリエイティブ・ベース東京[CCBT]からお知らせが届きました!

ご興味のある方はぜひ応募してみてください。

「未来提案型キャンプ」の第3回目を2月に開催します。

その名も「インクルーシブな「出会いのきっかけ」を共創するワークショップ」

スポンサーリンク

プログラムの概要

アートとテクノロジーに「福祉」をプラスする試みも昨今は増えてきましたが、まだまだ新たな気づきやイノベーション、ビジネスチャンス、表現が発見されている分野です。

特に今回のキャンプはレクチャー、グループワークに加え、渋谷区内の福祉事業所で実際にフィールドリサーチをし、支援者や利用者と交流する貴重な機会を用意しています。

インクルーシブなデザインを想像だけでやらない。福祉の現場や当事者と考え、つくる。超実践型の6日間です

参加者募集

参加者の年齢、障害の有無、国籍は不問。

過去のキャンプでも、盲導犬ユーザーやろう者に参加いただきました。

その知見を生かし、手話通訳などの必要な情報保障支援・サポートにも、可能な限り対応していきます。

〇〇があれば参加できる!参加したいから〇〇が必要などの要望や不安な要素があれば、お気軽にお問い合わせください。

★下記の応募要件も参照してください。

プログラムの詳細

Future Ideations Camp Vol.3

インクルーシブな「出会いのきっかけ」を共創するワークショップ

◆公式ウェブサイトURL

【参加者募集】Future Ideations Camp Vol.3|インクルーシブな「出会いのきっかけ」を共創するワークショップ - シビック・クリエイティブ・ベース東京 [CCBT]
CCBT恒例プログラム・未来提案型キャンプ。Web3、ブロックチェーンにつづく3回目のテーマは「インクルーシブ

開催日時:

2024年2月9日(金曜日)〜2月14日(水曜日)10時〜17時(予定)

会場:

シビッククリエイティブベース東京[CCBT]

プログラムディレクター:

・伊藤慎一郎(京都産業大学情報理工学部准教授)

・ライラ・カセム(デザイナー、大学教員、一般社団法人シブヤフォントアートディレクター)

講師・メンター:

・岩沢兄弟(体験設計&空間デザインユニット)

・ジュリア・カセム(九州大学・秋田美術大学客員教授、奈良女子大学アドバイザリーボードメンバー)

・高橋鴻介(発明家)

応募受付期間

2023年12月14日(木曜日)~2024年1月17日(水曜日)厳守

募集人数:20名程度

年齢不問

応募要件

・会期中のすべてのカリキュラムに参加可能であること。

あわせて、下記いずれかに該当すること。

・福祉や教育での活動や取り組み、アートやデザイン等の研究や創作活動等の実績を有すること。

・今後の活動目標や活動計画を有すること。

こんなひとにおすすめ!

・共創・協働の場づくりに興味をもつ学生、デザイナー、アーティスト、クリエイター、エンジニア、プログラマー

・教育文化施設、福祉施設の職員・関係者

・インクルーシブデザイン、テクノロジーとウェルビーイング、福祉とコミュニティ、ソーシャルインクルージョン等に興味がある方 

など

応募方法:

◆応募フォームURL

Microsoft Forms

もしくは、件名を「未来提案型キャンプ応募」とし、本文に以下の内容を明記の上、メールにてお申し込みください。

◆送り先メールアドレス

rekibun.0003@gmail.com

【メール記載事項】※は必須項目

・氏名(ふりがな)(※)

・年代(※)

・メールアドレス(※)

・職業・所属先(※)

・本ワークショップに関連し、ご自身が習得しているクリエイティブスキルを教えてください(下記よりお選びください/複数回答可)

その他を選ばれた方は別途ご記入ください。(※)

グラフィックデザイン(Illustrator、Photoshopなど)、イラストレーション、写真撮影、映像制作/編集、工作、デジタルファブリケーション、プロダクトデザイン、プログラミング、CG/CAD、サウンドデザイン/作曲、UI /UXデザイン、その他

・本ワークショップ参加を希望する理由や期待すること(200文字程度)(※)

・本ワークショップ参加にあたって希望する情報保障支援、サポートがあれば遠慮なく教えてください。

例:手話通訳、指点字通訳、触手話通訳、文字情報支援/字幕

このほか、活動履歴またはポートフォリオ(様式自由、映像資料の場合はアップロードの上リンク先を明記)を添付ください。

問い合わせ先

ご不明な点・お困りごと・イベントにて配慮やお手伝いして欲しい点等ありましたらお気軽に下記までお問い合わせください。

問い合わせ先:ccbt@rekibun.or.jp

スポンサーリンク

With Blindでは視覚障害者を含むメンバーで「見えても、見えなくても」をコンセプトに日常や視覚障がいに関する記事を書いています。

その中でも「見える人へ」の記事はぜひ多くの方に読んでいただきたい記事になるので、多くの方に届くと嬉しいです!

この記事を書いた人

視覚障がい者を含む20-30代の仲良し友人夫婦がコロナをきっかけに自分たちでしか伝えれない内容や周りへ伝えたいこと、そして好きなことを自由に発信してるブログです!
主に「視覚障害について」、「夫婦のこと」、「好きなこと」について発信していきます。
「みえても、みえなくても」を合言葉に4人で楽しみながら、普段の仕事と並行してブログを運営しています♪

With Blindをフォローする
友だち追加
話題
スポンサーリンク
シェアする
一般社団法人With-Blind
タイトルとURLをコピーしました