『箱根本箱』無料サービスも含めて詳しく紹介!箱根でおこもりstayな夫婦旅!

夫婦のあれこれ

関東からの週末旅行にもちょうどよい箱根。
たまには都会の喧騒や日常から離れ、自然の中でゆっくりとした時間を過ごしたいですよね。

今回は、温泉宿が立ち並ぶ箱根から、お籠りstayにもってこいなブックホテル『箱根本箱』をご紹介。
本好き&健康志向の方必見!
たくさんの本とこだわりの食事、シンプルながらもハイセンスな館内は、夫婦旅や大人旅、一人旅にもピッタリです。

この記事はこんな方にオススメ!
・ゆっくり読書を楽しみたい方
・夫婦でお籠りstayを楽しみたい方
・一人旅でゆっくり宿に滞在したい方
・美味しい自然派ご飯を楽しみたい方
・箱根の大人旅を検討中の方
スポンサーリンク

ブックホテル『箱根本箱』

2018年8月にオープンした『箱根本箱』
株式会社自遊人が運営するこの宿は、箱根の坂を登った先、中強羅にあります。

箱根本箱の看板

全室温泉露天風呂付き、大浴場は源泉かけ流し。
オーガニック食材を使用した自然派イタリアンの食事と豊かな自然を楽しみながら、デザイナーズ家具やアートと12,000冊の本に囲まれてのんびりと滞在できる宿です。

夫婦orカップルでゆったりお籠りstayにも良いですし、一人旅にも最適な温泉宿ですよ!

木で作られた扉が開くと、ロビーには館内のメインとなる大きな本棚が広がっています。

無垢の木で作られた自動ドアが、ホッと心を和ませる
デザイナーズ家具と本棚の広がるロビー

扉が開いた時に広がるロビーには、大きな窓からたっぷりと日差しが入り、大きな本棚とカラフルなデザイナーズ家具との雰囲気がたまらなく素敵。

お部屋までの通路はコンクリートで、お洒落だけどなんだか落ち着く・・
ゆふ
ゆふ

ずっと気になっていた宿だったんだよね♪

久しぶりの夫婦旅行だったし、お籠りで読書もいいね〜って思って選んでみたよ!

アクセス

今回は電車で訪れました。
強羅エリアにある宿なので、東京都内からだと平均2時間30分〜3時間くらいかかります。

「小田原駅」から、箱根の山々の中を進む箱根登山鉄道に乗り「箱根湯本駅」へ。
そこから「強羅駅」まで進みます。

強羅駅に到着したら、更にケーブルカーに乗り換えて「中強羅駅」へ。
ここが箱根本箱の最寄駅、あとは徒歩4分で到着です。

中強羅駅では降り口にご注意を..
左右両方の扉が開くのですが、必ず”右側”に降りてくださいね。

しんば
しんば

左側に出てしまうと箱根本箱のあるエリアと逆側に降りることになってしまうんだ。
しかも線路を渡れる場所も遠いから、かなり遠回りになっちゃうよ!
注意してね〜!

本に囲まれた館内

館内は、いたるところに本棚。
ロビーのメイン本棚以外にも、室内はもちろん湯処前や各部屋までの通路など、さまざまなところに多数の本が並んでいます。

吹き抜けのあるロビーの本棚は、天井まで広がる大きなメイン本棚
館内の各所に小さな本棚が並んでいます

絵本、写真集、ビジネス書、、旅本や小説、、、運営スタッフが選んだ多数の本が散りばめられています。

本は全て売り物でもあるので、大切に扱ってくださいね♪

ゆふ
ゆふ

館内の本は自由に部屋に持ち込んで読むことができるよ!
気に入った本があれば、そのまま購入もできるんだって〜♪

ゆーな
ゆーな

せっかくなので、この場で出会った本を読むのも楽しそうですね〜♪

館内には至る所に読書スペースがあり、気分に合わせて部屋以外でも読書を楽しめます。

ロビーの大きな本棚には、隠れた読書エリアまで…秘密基地のようで、なんだかわくわくしてしまいますね!

ロビーの本棚には隠し部屋があり、本棚の中に本を読めるスペースが作られています
吹き抜けの場所は、上からみるとアートのような美しさ
普段なかなかお目にかかれない旅本やアート本もあって嬉しい

お籠りに最適な室内

室内は全部屋露天風呂付き。
コンクリートの壁と木の温もりとがマッチした、シンプルで落ち着く空間です。

無垢の木のナチュラルテイストなお部屋

窓も大きく、外の光がゆったりと差し込みます。

今回はグリーンビューサイドのお部屋にしたので、緑豊かな木々が見えるお部屋でした。
雨も降ったのですが、それすら心地よい。

部屋の窓から見える緑生い茂る木々が心地よい

部屋には無料サービスもたくさん!冷蔵庫内のドリンクもなんと全て無料です♪
ここに入っている自遊人オリジナルのオレンジジュースが感動的に美味しかった…(嬉涙)

部屋の冷蔵庫には、水2本、お茶1本、オレンジジュース2本が入っている
ガラス張りのシャワールームもおしゃれ♪

コロナ禍ということもあり、小分けのアメニティを用意してあるそうで、洗面エリアにはシャンプーやコンディショナー、ボディソープの小分け品がたくさん用意されていました!
メイク落としもあるので、安心です。

アメニティも全てオーガニックにこだわっている

部屋の照明は電球向きだしのデザインや、暖色の色合いが心地よく、どこもかしこも読書をするために作られているなと感じます。

お部屋に設置されているテーブルと椅子

部屋にもそれぞれ本棚が設置されており、各部屋テーマが違うのだとか・・
どれが当たるかはお楽しみです♪

ベットには頭側に大きなクッションが付いているのですが、これがベッドで読書をするのにちょうどよく背もたれになってくれる・・・!!

ベッドでの読書に最適なクッション
しんば
しんば

部屋は清潔感もあるし、木のあたたかみや壁のコンクリート剥き出し感もおしゃれで、なんかすごくリラックスできたな〜。

そして箱根本箱の特徴は、お部屋にテレビや時計がないこと!
普段スマホやパソコンを使用する毎日だからこそ、デジタルデトックスにもなります。
本を楽しむ、「静」を感じるための空間づくりが徹底されていて素敵です。

おやつ&フリードリンクサービス

館内には、いつでも自由に飲めるコーヒーマシーンが。
これがあるだけで、テンションあがってしまう..♪(笑)

セルフのコーヒーマシーン(無料)

このコーヒーマシーン、1回で抽出される量が少ないのですが、意外とそれがちょうどよく、コーヒーやカフェラテなど色々試すのにもベストでした。
(カフェイン取りすぎも防げる?(笑))

普段はコーヒーと一緒に設置されているおやつがあるようですが、コロナの影響もあり各お部屋に設置されています。

お部屋には、お煎餅やクッキーなど、読書のお供に嬉しいおやつがたっぷりと用意されていました。

お部屋のお菓子は種類豊富でお持ち帰りにも嬉しい♪
しんば
しんば

余ったお菓子はお持ち帰りして、家でおやつにしてみたー!

よーすけ
よーすけ

い〜な〜。俺、おやつ好き。

全部食べちゃう。

ディナー前のレストランツアー

チェックインしてからディナーまでの間には、人数限定の予約制でレストランツアーも実施していました。
使用している食材やこだわりポイント、レストラン内のアートを紹介してくれますよ!

料理に使用するハーブやお花などを見せてくれます♪
レストラン内の大きなアートは、ここにしか無い特別なものだとか..!!
ゆーな
ゆーな

こんなサービスもあるんですね!楽しそうです!
お花も使っているなんて、彩も良さそう♪

ゆふ
ゆふ

食用のお花を試食させてもらったり、植物のことも知れて良いサービスだったよ!

レストランにあるアートは本をモチーフに作られていて、綺麗だったな〜

身体にやさしいオーガニック豪華ディナー

箱根本箱のご飯は「オーガニック&クレンジング」をテーマにした自然派イタリアン。
魚介や有機野菜など、こだわりの食材を使用したローカルガストロノミー。
見た目も美しいディナーでした。

メニューを見るだけで美味しそう
よーすけ
よーすけ

ねーねー、ローカルガストロノミーってなぁに?

ゆふ
ゆふ

私も初めて知った言葉なんだけど、地域の風土や歴史、文化を「料理」に表現することを言うんだって!

地域の食を観光資源化することだったり、将来に渡って地域が経済力を維持できるような仕組みを作ることがローカルガストロノミーのテーマなんだとか〜♪

カウンターと個室が選べますが、せっかくなので料理の様子が見えるカウンターを選んでみました。
夕方まだ少し明るい時間から、徐々に夜へと暗くなっていく空を眺めながら食事ができるのもまた美しい。

食事は見た目も形も楽しめました!

STAUBの器に入ったアミューズは真っ黒な卵のイメージ
細い耐熱グラスにスープが入って、皮付きヤングコーンと一緒に運ばれてくる..♪
こだわりパンもほかほかで美味しい!
しんば
しんば

パンと一緒に出てきたオリーブオイルがめちゃくちゃ美味しくてさ!
柑橘の香りがするんだけど、思わず宿のショップで買って帰ってしまった♪

よーすけ
よーすけ

え、じゃあ遠慮なく今度食べにいくね〜

魚料理は皮までサクサクで美味しい!

鳥の巣のような形の土台に盛り付けられたホワイトアスパラガスが一番特徴的でした。
土に見立てた土台はカカオを使用しており、ほんのり甘い。

ホワイトアスパラガスはほくほくして美味しい
メインはお肉!(食べかけ(笑))
ゆふ
ゆふ

器もおしゃれで、個性ある形や盛り付けも様々だったから、見えないよーすけも楽しみやすいかも?!

よーすけ
よーすけ

そうなんだ!
いいな〜、ご飯食べたくなってきたー・・・

しんば
しんば

俺は宿こだわりのワインも楽しんだよ〜♪
なかなかお目にかかれないワインもあるみたいだから、ワイン好きには嬉しいかもー!

シェフが選んだ種類豊富なこだわりワインを楽しめます

源泉掛け流しの大浴場

写真撮影は避けましたが、箱根本箱には部屋付き露天の他に大浴場もあります。
箱根といえば温泉。ここ箱根本箱でももちろん楽しめます!

女湯入り口

源泉掛け流しの湯は二種。
強羅だけでなく大涌谷からもひいており、どちらも箱根有数の美肌温泉..!

読書の合間に美肌の湯に入れるとは、女性にとっては特に嬉しいですよね!

ゆーな
ゆーな

美肌の湯!いいですねー!
読書しながらお肌も綺麗になれるなんて素敵です♪

ゆふ
ゆふ

内湯と露天の2種なんだけど、泉質が違って楽しめたよ!
シンプルで落ち着いたデザインのお風呂で、静かにゆ〜っくり浸かるのにピッタリだった。

お部屋にも全室露天が付いているので、大浴場と合わせて楽しんでみてくださいね!

お部屋の露天は自然を眺めながら独り占めできるのがまた良い

地下のショートフィルムシアター

地下、お風呂へ続く通りの途中に、ショートフィルムシアタールームがあります。

数作品が常時上映されているようです。
普段、ショートフィルムを見る機会はなかなかないので、お風呂上がりや読書の合間に気分転換として楽しんでみるのも良いかも!

ショートフィルムシアター入り口

栄養満点の朝ごはん

翌朝もレストランにてこだわりの食材を使った朝食を。
野菜たっぷりで、出てきたニンジンジュースがこれまた美味しい!!

朝ごはんも光がたっぷり入るカウンター席でいただきました!
温かいお野菜とソーセージ
ころんとしたプチサイズのフレンチトーストに酸味のある梅ジャムがまた合う!
身体を温めるスープ

夕食同様に美味しいパンや、サラダプレートもついて、ちょうどよくお腹いっぱいになりました!

まとめ:お籠りstayに最適な『箱根本箱』

今回は夫婦で訪れた『箱根本箱』。
同日の宿泊客は同じ夫婦やカップルの他に、一人旅のお客様もだいぶ多く見受けられました。
特に女性のお客様が多く、宿のコンセプトや雰囲気からも、”なるほど!”と納得。

ゆふ
ゆふ

今回訪れてみて、「あ〜リピートしたいな〜。」って思った!
観光メインの旅もいいけど、こうやって1日宿で過ごすのはリラックスできていいよね。

しんば
しんば

部屋にテレビも無いことや、本を楽しむってコンセプトもあって、デジタルデトックスにもなったよね!

夫婦旅でゆっくり読書を楽しむってのも、普段なかなかない時間だから心地よかった〜

パソコンやスマホを目にする毎日だからこそ、日常から離れて、豊かな自然と本、こだわりの食事と共に過ごす時間はとても素敵ですよね。

『箱根本箱』はお籠りstayに最適な、素敵な宿でした..♪
ありがとうございました!

友だち追加
この記事を書いた人
ゆふ

With Blindのなんちゃってまとも担当

年齢:30代
出身地:長野県
好きなもの:ディズニー、食べること、自然

仕事のスイッチ入ると、生活を忘れる。(旦那に怒られる)
思ったことはズバッと言っちゃうタイプ。
最近はヨガをはじめ、心地よく過ごしている。
飽き性のため、程よく何かしらの刺激やワクワク体験があることを好む。

ゆふをフォローする
スポンサーリンク
夫婦のあれこれ旅行
スポンサーリンク
シェアする
With-Blind
タイトルとURLをコピーしました