社会モデル

視覚障がいについて

障害はどこにある?「個人モデル」と「社会モデル」という障害の捉え方

一般的に、障がい者という言葉を見聞きすると、”○○が不自由な人”ということを連想するのではないでしょうか。 そういった個人に障害がある、という考え方を「個人モデル」といいます。対して、障害は社会にあり、 社会から取り除くべきものであるという考え方を「社会モデル」といいます。実例を元に障害の捉え方について考えます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました