「障がいを”持つ”人」「障がいが”ある”人」の違いについて考えてみた

「障害」の表現について

障がいは「持つ」のか、「ある」のか・・・。
今回は「障害を”持つ”」「障害が”ある”」の表現の違いについて考えてみたいと思います!

この2つの表現には、それぞれ、障がいに対する考え方が影響していることがわかりました。

障がいは「持つ」ものなのか

よーすけ
よーすけ

ねーねー。
障がいってさ、「持つ」ものと「ある」もの、どっちだと思う〜?(どや顔)

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

出た!いつもの突然どや顔クイズ(笑)
どっちだろうな〜。

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

う〜ん。
あらためて「持つ」の表現を考えると、”障害を抱えてしまっている”っていう風にも、感じられるよね。

ゆーな<br>(妻)
ゆーな
(妻)

そうですね。
よーすけが言うように、「持つ」の他に「ある」っていう表現もありますよね。
どっちが正しいんでしょう?

「障害を”持つ”」「障害が”ある”」
似た言葉にも感じますが、こうしてあらためて考えてみると、意味や捉え方は違いそうですね。

ちなみに、”障がいはどこにあるのか?”ということについては、過去に4人で話してみたことがあります。
ぜひこの観点もプラスして、読んでみてくださいね!

「障がいを持つ」と「障がいがある」の表現の違いとは

よーすけ
よーすけ

当事者の中には「持つ」という表現よりも「ある」という表現をしてほしいと考える人たちも多いんだよ。

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

そうなんだね。
言葉そのものの意味や、捉え方の違いがあるのかな?

よーすけ
よーすけ

障害を「持つ」は、自分の心身に何かを抱え込んでいるという感じ。
”持ちたくてもっているわけじゃない”という捉え方もあるんだって。
逆に「ある」は、自分の心身ではなく、社会に障害があるという考え方。
人それぞれ、感じ方は違うけど、当事者の中にはそういう風に感じて言葉を選ぶ人もいるんだ。

ゆーな<br>(妻)
ゆーな
(妻)

この間話した、個人モデル・社会モデルの話にも当てはめられそうですね!

しんば(友人)
しんば(友人)

たしかに!
「持つ」「ある」の表現をあてはめると、次のような感じかな?

項目個人モデル社会モデル
表現方法障害を”持つ”障がいが”ある”
考え方訓練やリハビリ等で
当事者が克服していく
社会全体で取り除いていく
具体例自力で入店できるように
リハビリや機器を駆使する
だれもが入店できる店を
社会全体で整備する

「個人モデル」は、個人に障害があるという考え方をするので、障害を”持つ”となります。
当事者が抱えているもの、当事者が自己解決しなければならないもの、個の問題としてフォーカスされたイメージです。

逆に「社会モデル」では、社会全体に障害があると考えるため、障害が”ある”になります。
個人が抱えているのではなく、社会に障害が”ある”、社会全体の問題として捉える考え方です。

そもそも「障がい」って何だろう?

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

「障がい」そのものをどう捉えているかで、”持つ”のか”ある”のか変わってくるんだね!

ゆーな<br>(妻)
ゆーな
(妻)

そうですね。
「個人モデル」「社会モデル」の他に、そもそもの「障がい」という言葉の書き方の違いにも関係しそうです!

今では色々なところで当たり前に使われている、平仮名表記の「障がい」。
元々は「障害」という漢字が多く使われていましたが、ここ最近になって「障がい」というひらがな表記に変わっていきました。

「障害」「障碍」「障がい」と3つの表記がある中で、”害”と”碍”は悪い出来事や妨げるという意味合いがあることから、平仮名を用いることが多くなった背景があります。

文字の表記については、別記事でも詳しく紹介しています。
ぜひ知識や、考え方の違いの一つとして、読んでみてくださいね。

「障害を”持つ”」「障害が”ある”」なかなか明確な答えを出すことが難しいですね・・・
それでも、これまでに知った『個人モデル・社会モデル』、『障害・障碍・障がい』の考え方も合わせながら、普段当たり前のように見聞きする言葉でも、みえる人・みえない人関係なく、それぞれの視点で感じかたが異なることも学べました。

今後もWithBlindでは、”みえても・みえなくても”楽しい!を中心に、様々な視点の考えや情報も発信していきたいと思います。
色々な視点でみるって、大切ですね。
今後もお付き合いいただけたら幸いです!

タイトルとURLをコピーしました