見えない人(視覚障がい者)と一緒に遊ぶ〜ジェンガ編〜

ジェンガの画像 ゲーム・遊び

ジェンガは目が見えないと難しいように感じますが、ルールを工夫すれば見えない人とも一緒に楽しめます♫

今回は、過去に私たちが遊んだジェンガの様子を、特別ルールと共に紹介します!

※実際に遊んだ時期は、2019年になります

ジェンガをやり始めたきっかけとは

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

ジャンガジャンガジャンガジャンガ…

ゆーな<br>(妻)
ゆーな
(妻)

何ですか急にー?笑

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

しんばはアンガールズの田中に似てるって言われるから、ものまねを極めてるらしい。

よーすけ
よーすけ

ふーん。それよりジャンガじゃなくてジェンガしようよ!

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

ちょうど家にある!
夫婦で遊べるもの何かないかなって思って、前にジェンガを買ったんだー。

ゆーな<br>(妻)
ゆーな
(妻)

いいですねー!やりましょう。

しんばのモノマネの練習からみんなでジェンガで遊ぶことに(笑)

でも通常ルールだと見えないよーすけはちょっぴり不利なので、私たちで考えた特別ルールで遊んでいきます!

ジェンガの特別ルールとは

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

(誰もモノマネつっこんでくれない・・・)
ジェンガやるとき、普通のルールだとよーすけやりづらいよね?

よーすけ
よーすけ

そうだね、抜く時は触らないとわからないし、置くのもちょっと怖いなー。

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

それならよーすけ君用のルールつくっちゃえばいいんじゃない?

基本ルールは見えない人にとって、なかなか難しい・・・

ジェンガは片手でブロックを一つ抜いて、片手でタワーの一番上に置いていくことが基本ルール。

しかし、見えない人にとって、状況を目で判断しなければならないジェンガの基本ルールは難しい。
見えない場合、手で触って状況判断をすることになりますが、片手でブロックタワーの状況を確認して、片手でブロックを抜き、置くことはちょっと酷かも。
かといって、周囲の人が視覚的情報を全て言葉で教えていくのも難しい・・

そこで、私たちが普段使っている独自ルールを紹介します!

With Blind的、特別ルール

①見えない人は両手を使ってタワーの状況を確認し、ブロックを抜いて良い

②抜いた後は、他のプレイヤーが順番に一番上に置いていくことにする

③一番上に置いていく段階でタワーが崩れたら、その責任は一番上に置いた人

見えない分、手で触って確認することが大切だとわかったので、それを活かす方法として、両手を使ってよいことにしました。
また、ブロックを一番上に置く作業は、ゲーム終盤になるほど難しいことに気が付いたので、見えるプレイヤーの仕事に。

これなら、見えない人と見える人のハンディはあまり生じないかな、と考えました!

決着!果たして勝者は・・・!?

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

ここはまだいけそうだな・・・

しんばがジェンガでブロックを抜いている写真
ゆーな<br>(妻)
ゆーな
(妻)

なかなか積み上がってきましたね!でもまだまだ〜!

そしてさらにターンは進み・・・
恐ろしい高さになってきました!

積み上がったジェンガタワー
しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

レベル高すぎじゃない?(笑)
てっきりよーすけがもっと早くに倒すと思ったのにー

よーすけ
よーすけ

なめてもらっちゃ困るなぁ〜
よし、ここ抜けそうだ!

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

すごーい!見えててもこの高さまで来ると相当難しいのに。

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

げ!また俺の番か・・・ゆっくり、ゆっくり、と・・・。

そして…

ガシャーン!!

しんばのターンのときに、あっけなく崩れてしまいました。
というわけで、この勝負はしんばの負け〜!

大盛り上がりのジェンガは、1回の勝負で全員が力を使い果たし(笑)
大満足した4人なのでした♫

このようにルールを少し見直せば、見える見えないに関係なく一緒に遊べるゲームはたくさんあります。
外出自粛期間が終わり、みんなで遊ぶ際には、ぜひジェンガを楽しんでみてくださいね。
その際に、私たちの特別ルールも使ってみてもらえると嬉しいです!

私たちもプレイ方法をさらに検討して、もっと面白いジェンガの遊び方を研究していきま〜す♪

タイトルとURLをコピーしました