視覚障がい者と一緒に遊べるアプリ〜ワードウルフ編〜①

4人で遊んだレビュー

コロナウイルスの影響もあり、友人と気兼ねなく会える機会が少なくなってしまっている今、リモート飲み会も多くなったのでは?

今回は、リモートでも見えない人と一緒に遊べるアプリ『ワードウルフ』をご紹介していきます!

非対面でも遊べるゲーム『ワードウルフ』

よーすけ
よーすけ

直接会えるときは、人狼ゲームとかトランプとかで遊べたよね。

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

オンラインでも一緒にできるゲームもあるかな?探してみよう!

新型コロナウイルスの自粛でオンラインで飲み会やゲームをしている方も多いと思います。

私たちはゲームをすることが大好きなので、人狼ゲームやトランプで遊ぶことが多かったのですが、視覚障がい者であるよーすけは画面が見えないため、多くのゲームをそのまま実施することができません。

そこで、スマホの読み上げ対応アプリを探し探し・・・・
『ワードウルフ』を見つけました!

オンラインで遊べるかつ、視覚障がい者などが使うボイスオーバーなど、スマホの読み上げ機能に対応しているアプリです。

‎みんなでワードウルフ
‎オンラインで「ワードウルフ」が楽しめるアプリ! みんなと違うお題が与えられた人を会話から見つけ出す大人気トークゲーム! 【友だちと一緒にいなくてもプレイ可能】 このアプリのチャット機能や別のアプリの通話をしながら離れた友だちともオンラインでプレイできます。 【友だち以外ともプレイできるようになりました】 ルームを...

スマホの音声読み上げ機能

視覚障がい者も楽しめるスマホアプリでは、スマホでの音声読み上げに対応したアプリであることが必須です。

スマートフォンには表示される文字を音声で読み上げてくれる、音声読み上げ機能というものがついています。
メールやLINEでは問題なく使用できますが、ゲームアプリでは非対応なものも多々。
まだまだ、アクセシビリティが整っていないのが現状です。


読み上げ機能は、iPhone・Android共に内容は変わりませんが、名称が異なります。

◆iPhone→VoiceOver(ボイスオーバー)
◆Android→TalkBack(トークバック)

基本的にはどのスマホにも付いている機能なので、見える人も一度試してみるのもおすすめですよ!

視覚のアクセシビリティ - iPhone
iPhoneは、点字ディスプレイに対応した内蔵画面読み上げ機能であるVoiceOverなど、視覚に障がいがある方や弱視の方のためのパワフルな機能を搭載しています。

ワードウルフの遊び方

今回見つけたワードウルフは「人狼ゲーム」に似ていますが、遊び方やルールは異なります。

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

『指定されたお題について話し合う中で、”みんなとは異なるお題”を与えられた少数派の人(ワードウルフ)を探し出すゲーム』がワードウルフだね。

例えば、4人のうち3人には「滑り台」というお題が与えられている中、1人だけ「ジャングルジム」というお題が与えられるケースでは「ジャングルジム」のお題を与えられた人がワードウルフということになります。

ワードウルフになった人は自分でも最初はわかりませんが、ゲーム中に会話を進めていく中で、自分が少数派ということに気が付かなければいけません。

逆に多数派の人は、自分のワードを少数派にバレないようにします。
ヒントを与えすぎず、少数派をあぶり出していきます。

話し合いを進めたのち、時間になったら誰が少数派かを投票する流れ。

読み上げ機能にも対応していること、また、会話でワードウルフを探し出すので、見えても見えなくても遊べるゲームですね♪

投票の結果、ワードウルフに票が集まった場合は、多数派に与えられていたお題をワードウルフが回答します。
その回答が当たりであれば、ワードウルフの勝利!
外れの場合は、多数派の勝利!

もちろん、ワードウルフ以外の人に票が集まった場合も、多数派の人が勝ちです。

実際にやってみよう!

よーすけ
よーすけ

これでルールもわかったね!
お題もちゃんとボイスオーバーで読み上げるみたいだから早速やってみよう!

アクセシビリティの配慮したアプリでもある『ワードウルフ』
ルールも簡単なので、子供から大人まで、見える人も見えない人も遊べますね!

みなさんも、ぜひプレイしてみてください。

実際に遊んでいる様子はこちらの記事でまとめています▼▼

タイトルとURLをコピーしました