初めてのグランピング in『プライベートガーデン・ザ・ウエスト』

お出かけ♪

見えない人とも一緒に楽しめることはたくさんある!
With Blindのテーマでもある「みえても、みえなくても」を元に、メンバーも興味があった『グランピング』体験。

ちょっと贅沢なキャンプである、グランピング。
視覚障がいがあっても存分に楽しめたので、注意点も含めてご紹介していきますね。

グランピングとは?

よーすけ
よーすけ

Web上ではよく会ってるけど、そろそろ再会したいよね〜。
少しづつ外出もできそうだし、お出かけしてみる?

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

いいね!
流石に遠方はまだ難しいから、近場がいいよね。
都内近郊で、『グランピング』なんてどう?
4人はさておき、それ以外の人とは密を避けられるし。

ゆーな<br>(妻)
ゆーな
(妻)

いいですねー!
私、グランピング行ってみたかったんです!

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

俺はバーベキューがしたい!!!

ここ数年ですっかり定番になっている『グランピング』。
キャンプスタイルの一つとして浸透していますが、キャンプならではの”自分でテントを張る” “何から何まで自分で準備する”というようなイメージとは異なります。

「優雅」を意味する”glamorous”と”camping”を合わせた言葉であるグランピング。
ホテルとキャンプのいいとこ取りをしながら、自然を満喫できる贅沢キャンプ!
ある程度設備が整っているからこそ、見えない人でも安心して、存分に楽しめることができますよ♪

グランピング施設『プライベートガーデン・ザ・ウエスト』

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

色々調べてみたけど、ここはどう?
都内からも、車で2時間かからず行けそう。

ゆーな<br>(妻)
ゆーな
(妻)

雰囲気も良さそうです!
BBQもできますね♪

よーすけ
よーすけ

食材も、途中で買い出しできるスーパーがあるみたいだね!
ポテチ買ってこ〜っと。
車は俺が運転しようか?

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

でたでた、いつものやつ(笑)
いいよ、俺がするから〜

今回は、都内近郊のグランピング施設『プライベートガーデン・ザ・ウエスト』さんに決定!

OHARA、グランピング、キャンプ、テント、貸別荘、関東 | Privategarden | 千葉県
都心から90分。 自然のままな空間で時間を忘れなんにもしない贅沢。仕事帰りに手ぶらで気軽にキャンプ。 静かな自然の中、大人な雰囲気のキャンプをお楽しみ下さい。

BBQや焚き火が楽しめる設備や、ベッドはもちろん、バスタオル・シャンプー類・冷蔵庫・エアコン・炊飯器・電子レンジ・他キッチングッズなどなど、食材や衣類以外の必要なものは、全て揃っていました。

また、今は「密」を避けたいところ。
ここはシャワールームやトイレもテントごとに設置されており、それぞれの棟も一定の距離があるため、他のグループと交わることなく、プライベート感◎
仲間や家族だけで安心して楽しむことができますよ♪

広々したスペースが気持ち良い♫

よーすけ
よーすけ

着いたー!
運転おつかれ〜

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

自然の中で気持ちいいね!
森の中にいる感じ!

千葉県いすみ市の山中にある『プライベートガーデン・ザ・ウエスト』。
到着早々で鹿に遭遇したりと(襲ってきませんのでご安心を!)、自然を満喫できる雰囲気バツグン!

プライベードガーデン・ザ・ウエストのフォトスポット

大きなグランピングテントに20畳以上のリビング兼BBQデッキと、とにかく広々!
大人4名での利用でしたが、十二分な広さです。
家族連れなら、子供も走り回れそう♪

20畳以上のリビング兼BBQデッキは、屋根付きなので雨でも安心。
私たちが利用した当日も雨天でしたが、通常の雨程度なら全く問題なし!

リビングの写真

注意点としては、リビング入り口と、トイレ・シャワールームの扉前に大きな段差があること。
メンバーであるよーすけは目が見えないため、危険がないようサポート&確認。
これも、見えない人と楽しむための「配慮」です。

トイレ前の段差が、特に高かった(汗)
傾斜もあり難しい場所ですが、見える人でも子供でもちょっと大変だったので、踏み台があったら嬉しいな・・・

玄関と、トイレ・シャワールームの入り口は段差が大きいので注意

備品も多数完備!

ゆーな<br>(妻)
ゆーな
(妻)

キッチングッズも完備されてるんですね!
ご飯作りも楽チンです。

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

だね〜!
食器もあって、ありがたいね!

よーすけ
よーすけ

俺も料理しようかな〜♪

通常のキャンプと違い、グランピングは大抵のものは用意されています。
施設によってサービス内容は異なりますが、『プライベートガーデン・ザ・ウエスト』の場合は、食材さえ自分たちで用意すれば、大半揃っていました♪

ルーム内のキッチンの様子

テント内にはベッド3台と、1人分は追加のお布団。
バスタオルや歯ブラシ・ボディスポンジなどもありました。

テントの中

視覚障がい者も、みんなで楽しめるBBQ!

『プライベートガーデン・ザ・ウエスト』では、炭1箱は料金込み!(ありがたい!)
大人4人でBBQをするには十分な量です。
着火剤やうちわなども全て付いており、火おこしもラクラク〜♪

はじめての火おこし

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

俺は火おこし担当するね!
よ〜すけも一緒にやろうよ!

よーすけ
よーすけ

やってみたい!
火おこししたことなかったから、体験したかったんだよね〜

ゆーな<br>(妻)
ゆーな
(妻)

じゃあ、わたしたちは料理の準備しますね。

火おこし初体験のよーすけも、仲間と一緒だからこそ、BBQを準備から楽しめます。

火をおこす、メンバーのよーすけ
よーすけ
よーすけ

炭を組んだのはしんばだけど、この火をおこしたのは俺〜(どや)

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

わかったわかった(笑)

炭に火をつけている様子

着火剤など、必要備品がしっかり用意されているからこそ、火おこしの時間もかからず、アウトドア初心者でもラクラク。
見えない人にも配慮しながら、楽しめますね。

見えなくても、BBQでお肉を焼ける!

久々の再会ということもあり、今回は贅沢に肉三昧!
ちょっと良い牛タンに、大きなステーキ、豚トロなどなど。
野菜やエビ、ニンニク、マッシュルームやもろこしなども一緒に楽しみました♪

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

ん〜!!!!!!
タン美味しいー!!!(幸)

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

これはうまいっ!
よーすけ、肉ひっくり返すのできるんじゃない?
やってみようよ!

見えなくても、見える人のフォローがあれば、お肉をひっくりかえすこともできます!
火の熱さにに耐えながら(笑)、よーすけも肉焼きにチャレンジしました。

メンバーのしんばにサポートを受けながら、お肉を焼くよーすけ

用意されているBBQキットがとてもしっかりしていました。
使用後の炭は、そのままにしておいてOK!
チェックアウト後に、スタッフさんが片付けてくれるそうです。

割り箸や、紙皿など、使い捨ての食器類も用意されているところもよかった。
特に、コロナで使い回しが気になる今は、嬉しいですね。
ゴミ箱も部屋に設置されているので、持ち帰ったり、共有施設まで捨てに行くことなく、その場で処理できますよ。
(もちろん、利用した施設のために、分別はしっかりと!)

かんぱーい!

美味しい匂いにつれられ、施設内に住んでいるネコちゃんも顔を出しました♪

BBQの美味しい匂いにつられて、リビングに顔をだすネコちゃん

焚き火を楽しむ

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

焚き火用の薪もプレゼントしてくれるんだね!
嬉しい!
焚き火憧れてたんだよね〜

ゆーな(妻)
ゆーな(妻)

今日は雨でちょっと寒いので、焚き火もちょうど良さそうですね♪

期間限定(?)のようですが、焚き火用の薪もいただけました。
リビングエリアに焚き火の設備も整っているので、残った炭で火をおこして、そのまま焚き火を楽しみます。

夜は焚き火を楽しむ
マシュマロを焼くこともできます♪

私たちは、マシュマロを焼いて談話。
見えないよーすけも、皆の声を頼りに、自分で焼いて食べていましたよ!
途中、小さなシカ(?)も姿を見せたり、虫の音も聞こえ、自然の中での夜を満喫。

この絶好の環境の中「人狼ゲーム」も楽しみましたが、雰囲気マシマシ♪

夜ライトアップされると、さらに雰囲気満点!

テントでの一夜

夜もふけ、順番にシャワーへ。
共有の浴場を設けている施設も多いですが、テントごとに併設されたシャワーがあるので、密を避けられます。

ここでちょっと困った点は、シャワールーム内の着替えや靴を置くスペースが、ビチャビチャになりやすかったこと。
シャワーカーテンで仕切られていたり、水が靴置き場に流れないようになっていたら、嬉しかったな・・・(写真を撮り忘れてしまいました・・・)

今回は、妻であるゆーなや友人のしんばが見えないよーすけをサポートできましたが、視覚障がい者一人だと、なかなか苦戦しそう。
見える人でも苦労した・・・・(汗)

全員就寝。
天候もあってか虫に困ることもなく、また、キャンプ特有の寝袋ではなくベッドや布団ということもあり、ぐっすりと眠れました。

夜には、私たちがテントに入ったのを見計らって、リビングにネコの家族が遊びにきていました。
(荒らされないように、食材や荷物はしっかり片付けました)
広々した野外リビングは、子ネコの良き遊び場みたい♪

テント付近に顔をだしたネコちゃんたち

鳥の声で起こしてもらえる、森の朝

しんば<br>(友人)
しんば
(友人)

よーすけ、朝起きるの早くない?!
俺、まだ眠い・・・

よーすけ
よーすけ

俺はいつも5時には起きてるからさ〜♪
自然の中の朝はすごく気持ちよいね!

ゆふ<br>(友人妻)
ゆふ
(友人妻)

ほんと!
空気が澄んでて、鳥のさえずりも聞こえて最高!!

テントは光を通しやすいため、早朝からゆっくりと陽の光が入りはじめます。
森の朝は本当に気持ちよく、人気(ひとけ)がない早朝は、動物の鳴き声や足音もよく聞こえました。
鳥のさえずりで起こしてもらえる、とっても気持ちの良い朝です♪

晴れると朝から森に光が入り、気持ち良い

朝さんぽ&ブランコ

朝、ゆっくり近隣の散歩も楽しめます。
自然のある街ならではの田んぼのある景色も感じられ、なんと心地よい!

レンタサイクルもあるので、徒歩はもちろん、自転車で巡ることもできますよ。

近隣のお散歩は、田んぼや山など緑がたくさん!

敷地内にはブランコもあります。自然に囲まれた中での揺られるのも気持ち良いです。
あ、大人の方は体重にお気をつけを・・・・(笑)

朝はブランコに揺られる・・なんてのも良い!

無料の朝食を楽しむ♪

『プライベートガーデン・ザ・ウエスト』では、朝食が無料で提供されます。
提供場所は共有スペースとなりますが、開放的な空間と、他グループとの席の距離は配慮されています。
フリードリンクとともに、自然の中での朝ご飯を楽しめました。

朝食の写真

私たちが訪れた日は10時からの提供でしたが、朝ゆっくりしたい方にとっては十分。
朝食前に近隣を散歩したり、無料でいただいた朝コーヒーを楽しんでいれば、あっという間。
自然を満喫しながら贅沢な時間を過ごせます。
もちろん、朝も自分たちで作るというのも楽しそうですね!

最後に

視覚障がい者でも一緒に楽しめるグランピング。
普通の旅館やホテルと違い、トイレやシャワーへの誘導は必要になりますが、お互いに楽しむための配慮。
テントごとに設備が設置された場所であれば、仲間内でサポートできますし、当事者も安心ですね。

空気も美味しく、生き物の声や雨の音、陽の光のあたたかさ・・・視覚情報だけではなく、全身で感じられることだからこそ、”みえても、みえなくても” 楽しむことができます! 

自然の中ゆえ、完全バリアフリーのグランピング施設というのは難しいのかもしれませんが、様々な施設で社会の障害がなくなっていくと嬉しいなぁ。

ぜひみなさんもグランピング、体験してみてくださいね!
『プライベートガーデン・ザ・ウエスト』さん、ありがとうございました!


今後も、”みえても、みえなくても”楽しめる内容をお届けしていきます。
面白い施設や遊び情報などあれば、ご提供いただけると嬉しいです♪

★プロフィール★
Team With Blind

視覚障がい者のよーすけと、その周りをとりまく妻、友人たちが”みえても みえなくても”役立つ情報を発信するためのBlogです!
全員社会人で別の仕事をしながらBlogの運営をしています。
SNSなどぜひチェックしてみてください♪

Team With Blindをフォローする
スポンサーリンク
お出かけ♪
シェアする
With-Blind
タイトルとURLをコピーしました